ページの先頭です

稲原小学校

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

稲原小学校の紹介

校舎全景の写真

校舎全景

正面玄関とスクールバスの写真

正面玄関とスクールバス

基本情報

  • 住所
     印南町印南原4955-1
  • 電話番号
     0738-44-0205
  • ファックス
     0738-44-0467
  • 通学区域
     印南原・南谷・立石・明神川

児童数

稲原小学校 児童数
1年2年3年4年5年6年合計
男子10名5名5名6名10名4名40名
女子5名9名7名7名5名9名42名
合計15名14名12名13名15名13名82名

令和元年5月1日現在

沿革

稲原小学校(印南町印南原4955-1)

おもな出来事

  • 明治9年(1876)8月
     専福寺を仮校舎として富山小学校が開校する。
  • 明治16年(1883)3月
     校舎を新築する。
  • 明治17年(1884)2月
     校舎を増築する。
  • 明治20年(1887)4月
     印南原尋常小学校となる。
  • 明治36年(1903)7月
     新校舎が完成、運動場も拡張する。
  • 明治39年(1906)4月
     高等科を設置、大進高等小学校となる(その後、稲原と改称)。
  • 明治40年(1907)
     校舎を増築する。
  • 大正2年(1913)
     運動場を拡張する。
  • 昭和11年(1936)3月
     木造二階建の新校舎が完成する。
  • 昭和22年(1947)4月
     新学制が施行される。
  • 昭和22年(1947)9月
     第1回PTA総会を開く。
  • 昭和33年(1958)6月
     水道が完成する。
  • 昭和38年(1963)11月
     完全給食を開始する。
  • 昭和39年(1964)5月
     運動場を拡張する。
  • 昭和45年(1970)7月
     プールが完成する。
  • 昭和51年(1976)11月
     創立百周年記念式典を挙行する。『百年史』を刊行する。
  • 平成12年(2000)2月
     新校舎が完成する。
  • 平成20年(2008)4月
     稲原西小学校と統合する。
  • 平成21年(2009)3月
     新設プールが完成する。
  • 平成24年(2012)11月
     緊急時地震速報端末を設置する。
  • 平成25年(2013)5月
     デマンド監視システムを設置する。
  • 平成26年(2014)4月
     特別支援学級(なかよし)が設置される。
  • 平成26年(2014)12月
     印南町教育委員会指定「指導方法の工夫改善に係る研究発表会」を開催する。
  • 平成29年(2017)4月
     子どもの読書活動優秀実践校として文部科学大臣から表彰される。
  • 平成29年(2017)11月
     印南町教育委員会指定「特色ある学級づくり実践研究事業に係る研究発表会」を開催する。

旧稲原西小学校(印南町明神川437)

おもな出来事

  • 明治9年(1876)8月
     明応寺を仮校舎として小学校が開校する。
  • 明治15年(1882)
     横山丘に校舎を新築し、樹林小学校と改称する。
  • 明治23年(1890)
     (このころから校名に南谷を使用するようになる。)
  • 明治29年(1896)10月
     明神川字西ノ前に移転する。
  • 明治38年(1905)9月
     切山校と合併する。
  • 明治42年(1909)4月
     新校舎が完成する。
  • 大正7年(1918)11月
     悪性感冒の流行により、児童6名が亡くなる。
  • 昭和10年(1935)1月
     校舎を新築する。
  • 昭和16年(1941)9月
     南谷国民学校から稲原西国民学校に改称する。
  • 昭和22年(1947)4月 
     新学制が施行される。
  • 昭和22年(1947)4月
     稲原西小学校PTAを結成する。
  • 昭和40年(1965)5月
     鉄筋二階建の新校舎と、木造の講堂が完成する。
  • 昭和40年(1965)9月
     完全給食を開始する。
  • 昭和46年(1971)7月
     プールが完成する。
  • 平成20年(2008)4月 
     稲原小学校と統合する。

平成31年度 教育方針

1.教育目標

豊かな心を育み、自ら学びたくましく生きる子どもの育成

2.めざす児童像

  1. よく考える子ども
  2. 心豊かで、自分も他者も大切にする子ども
  3. 強い身体とたくましい心をもつ子ども
  4. 地域や学校に誇りをもつ子ども

3.研究主題

『ことばの力を育てる授業の創造』
~言語活動の充実を通して~

主題設定の理由

 本校児童は、概して素直で優しく言われたことはできるが、自主的に判断し行動したり、人前で自分の考えや意見を発表したりすることが苦手な児童が多い。学力的には、少人数できめ細やかな指導の成果もあり、基礎的な知識・理解は身についている児童が多い。しかし、全国学力・学習状況調査等の結果からは、読解力・表現力・応用力等に課題があることが明らかになっている。
 こうした課題を解決するために、学年の発達段階に応じて互いの発表を聞き、その意見や考えをつなぎながら、練り合っていける活動ができるまで高めていきたいと考え、自力解決時の書く活動の工夫をするとともに、課題提示の工夫や発表のさせ方の工夫などにも努めてきた。しかし、全体の中で、複数の意見や考えを聞いて、それらをつないで話し合ったりすることには、課題が見られる。そして、これらの課題の背景に関して、自ら考え、まとめ、表現する力が十分でなければできないのではないかということが提起された。そこで平成27年度・28年度は、研究主題を「ことばの力を育てる授業の創造」~自ら考え、まとめ、表現する力の育成~とし、学校生活全般を対象として取組を進めた。平成29年度・30年度は、授業での学習活動をはじめ、様々な教育活動の中で、ねらいに沿った言語活動をさらに工夫し、読書活動などとも関連させながら、思考力・判断力・表現力の向上につながる豊かなことばの力を育てていこうと考え、サブテーマを「言語活動の充実を通して」として、言語活動をキーワードに教科・領域を通して、論理的に考えるコミュニケーション力などのことばの力を育てる取組を進めてきた。今年度は、まとめの段階と考え、これまでの取組をさらに充実させ、成果に繋げるために研究主題を継続する。

お問い合わせ

印南町 教育委員会

電話: 0738-42-1700

ファックス:
0738-42-1577

電話番号のかけ間違>いにご注意ください!

お問い合わせフォーム