ページの先頭です

インフルエンザ対策について

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

インフルエンザ対策について

インフルエンザ総合対策について

 インフルエンザは毎年冬季に流行し、全ての年齢の方に注意が必要な感染症です。

 いったん流行が始まると、短期間の間に多くの人へ感染が広がっていきます。 

 インフルエンザから身を守るために、流行シーズンに向け備えましょう。

インフルエンザの基本

・主な感染経路:飛沫感染・接触感染

・症状:38度以上の発熱

    頭痛、筋肉痛、関節痛、全身の倦怠感などの全身症状

    のどの痛みや咳などの呼吸器症状

・流行時期:12月~3月にピーク

・潜伏期間(感染してから症状がでるまでの期間):1日~3日

・感染期間(他者にウイルスを感染させうる期間):発症前日から発病後3~7日間

・出席停止期間:発症した後5日を経過し、かつ解熱した後2日(幼児は3日)を経過するまで

インフルエンザの予防

・流行前のワクチン接種

 ワクチン接種により、発病の可能性を軽減する効果と重症化を防止する効果がある。

・咳エチケット(人に向けて咳やくしゃみをしない、マスクの着用、手洗いの励行)

・適度な湿度の保持(50~60%の湿度を保つ)

・十分な休養とバランスのとれた栄養摂取

・外出後の手洗い  

・人混みや繁華街への外出を控える  

インフルエンザに感染したら…

・具合が悪ければ早めに医療機関を受診する。

・安静にして、休養をとる。特に睡眠を十分とることが大切。

・水分を十分に補給する。

・咳やくしゃみ等の症状のある時は、周りの方へうつさないために、不織布製マスクを着用する。

・人混みや繁華街への外出を控え、無理をして学校や職場等に行かないようにする。

※不織布(ふしょくふ)製マスクとは

 不織布とは「織っていない布」という意味で、熱や化学的な作用によって接着させて布にしたもの。これを用いたマスクを不織布製マスクと言う。

 

詳しい内容は、厚生労働省ホームページに専用ページがありますので、そちらもご覧ください。

厚生労働省(インフルエンザ総合ページ)(別ウインドウで開く) 

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

印南町 住民福祉課保健センター

電話: 0738-43-8060

ファックス:
0738-43-8061

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム