ページの先頭です

住民票がある市町村(住所地)以外での接種について

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

住民票がある市町村(住所地)以外での接種

やむを得ない理由で住民票所在地以外で接種する場合

新型コロナウイルスワクチンは原則、住民票所在地の市町村に所在する医療機関等で接種することとなっています。しかし、やむを得ない事情による場合には、住民票所在地以外でワクチンの接種を受けることができます。
住民票所在地でワクチンを接種できないと考えられる場合は以下に該当する方です。
  • 出産のために里帰りしている妊産婦
  • 単身赴任者
  • 遠隔地へ下宿している学生
  • ドメスティックバイオレンス、ストーカー行為等、児童虐待及びこれらに準ずる行為の被害者
  • 入院、入所者
  • 通所による介護サービス事業所等で接種が行われる場合における当該サービスの利用者
  • 基礎疾患をもつ方が主治医の下で接種する場合
  • コミュニケーションに支援を要する外国人や障害者等がかかりつけ医の下で接種する場合
  • 副反応のリスクが高い等のため、体制の整った医療機関での接種を要する場合
  • 市町村外の医療機関からの往診により在宅で接種を受ける場合
  • 災害による被害にあった方
  • 勾留または留置されている方、受刑者
  • 国又は都道府県等が設置する「大規模接種会場」で接種を受ける場合
  • その他やむを得ない事情があり住民票所在地外に居住している方
  • その他市町村長が真に必要と認める方

これらの方は接種を行う医療機関等が所在する市町村へ、事前に郵送か窓口等でワクチンの接種を受けることができます。


市町村への届出を省略することができる場合

上記の方々のうち、以下の方は接種を受ける際に医師に申告を行う事により、申請を省略することができます。

  • 入院、入所者
  • 通所による介護サービス事業所等で接種が行われる場合における当該サービスの利用者
  • 基礎疾患をもつ方が主治医の下で接種する場合
  • コミュニケーションに支援を要する外国人や障害者等がかかりつけ医の下で接種する場合
  • 副反応のリスクが高い等のため、体制の整った医療機関での接種を要する場合
  • 市町村外の医療機関からの往診により在宅で接種を受ける場合
  • 災害による被害にあった方
  • 勾留または留置されている方、受刑者
  • 国又は都道府県等が設置する「大規模接種会場」で接種を受ける場合
  • 住所地外接種者であって、市町村に対して申請を行うことが困難である方


申請方法

以下のいずれかの方法で申請することが可能です。

郵送申請

「住所地外接種届」を記入の上、接種券のコピーと返信用封筒を同封して郵送してください。

後日、郵送で「住所地外接種届出済証」を交付いたします。

窓口申請

接種を受ける医療機関所在地の窓口に「住所地外接種届」と、接種券または接種券のコピーを提出してください。

後日、郵送で「住所地外接種届出済証」を交付いたします。


WEB申請

印南町では、コロナワクチンナビによる住所地外接種届は受付しておりません。

お問い合わせ

新型コロナワクチン接種コールセンター
電話: 0738-20-9023 ファックス: 0738-42-8020