ページの先頭です

新型コロナウイルス感染症及び支援策等に関する情報について

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

新型コロナウイルス感染症について

 現在、中国から全世界に感染が広がっている「新型コロナウイルス」には、一般の風邪の原因となるウイルスや、「重症急性呼吸器症候群(SARS)」や2012年以降発生している「中東呼吸器症候群(MERS)」ウイルスが含まれています。ウイルスは自分自身で増えることができず、粘膜などの細胞に付着して入り込み増えます。表面についたウイルスは時間がたてば壊れてしまいますが、物の種類によっては24時間~72時間くらい感染する力をもつと言われています。流水と石けんでの手洗いや手指消毒用アルコールによって感染力を失わせることができます。

 症状は、軽症の場合と重症化した場合に分けることができます。初期症状では軽症で、発熱や咳など風邪のような症状が見られるほか、嗅覚・味覚障害が生じることがあります。人によっては下痢・嘔吐などの消化器症状や意識障害などの神経症状が現れることもあります。また、重症化すると肺炎を発症します。

 和歌山県内においても感染者が発生しており、亡くなられた方もいます。

 印南町では、令和2年2月28日午前10時40分に「新型コロナウイルス感染症対策本部」を設置し、「一人の感染者も出さない、出させない」ことを掲げ、対策に取り組んでいます。

 

 

印南町における新型コロナウイルス感染症の関連情報

新型コロナウイルス関連ホームページ