ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

現在位置

あしあと

    住民票・マイナンバーカード等への旧姓(旧氏)併記について

    • [公開日:]
    • [更新日:]
    • ID:1051

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

    令和元年11月5日から住民票・マイナンバーカード等に旧姓(旧氏)が併記できます

    令和元年11月5日から住民票、マイナンバーカード、通知カードに旧姓(旧氏)が併記できるようになります。

    また住民票に旧姓を併記すると、旧姓の印鑑でも印鑑登録ができるようになります。

    旧姓を併記するためには申請が必要です。住民福祉課の窓口で、必要な書類をご持参のうえ手続きを行ってください。

    令和元年11月5日から受付を開始します。

    併記できる旧姓(旧氏)

    • 初めて旧姓を併記する際には、これまで本人の戸籍に記載されたことのある氏の中から一つを選んで併記することができます。
    • 併記した旧姓は、旧姓削除の申請により削除することができますが、この場合には削除後にさらに姓を変更した場合に限り、削除後に新たに生じた旧姓のみを再度併記できることとなります。


    手続きに必要な書類

    1.戸籍謄本または抄本(併記したい旧姓から現在までのすべてのもの)

    2.マイナンバーカード(お持ちの方のみ)

    3.本人確認資料

      マイナンバーカード・運転免許証・パスポート・住民基本台帳カード・社員証・学生証など顔写真があるものは1点

      健康保険証、年金手帳など顔写真のないものは2点以上の提示が必要です。

    注意事項

    ・旧姓を併記すると、住民票の写しや印鑑登録証明書は、旧姓を表示しないで発行することができなくなります。

    ・旧姓併記の申請には新しい戸籍謄(抄)本の添付が必要になりますので、婚姻届等と同時に申請することはできません。

    ・一度併記した旧姓は印南町から転出した場合でも、転入手続きにより転出先の市区町村の住民票に併記されます。


    関連リンク

    総務省ホームページ「住民票、マイナンバーカード等への旧氏の併記について」(別ウインドウで開く)