ページの先頭です

支払った医療費が高額になったとき

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

1か月の自己負担が限度額を超えたとき

 同じ月に同じ医療機関への支払いが自己負担限度額を超えた場合、その超えた分が支給

されます。

 また、事前に窓口負担が高額となることが見込まれる場合、「限度額適用認定証」または

「限度額適用・標準負担額減額認定証」の交付を受け、医療機関の窓口で提示することで、

窓口での支払いが自己負担限度額までとなります。


自己負担限度額(月額)
所得要件 

限度額

(3回目まで) 

限度額

(4回目以降) 
 旧ただし書所得が901万円を超える世帯

 252,600円+(医療費の総額

          -842,000円)×1%

 140,100円  

 旧ただし書所得が600万円を超え901万円

 以下の世帯

 167,400円+(医療費の総額

          -558,000円)×1%

 93,000円

 旧ただし書所得が210万円を超え600万円

 以下の世帯

 80,100円+(医療費の総額

          -267,000円)×1%

 44,400円

 旧ただし書所得が210万円以下の世帯

(住民税非課税世帯を除く)

 57,600円 44,400円

  住民税非課税世帯

(世帯主及び国保被保険者が非課税)

 35,400円 24,600円


※旧ただし書所得とは総所得金額から基礎控除を差し引いた額。


※所得の申告をしていない場合は、旧ただし書所得が901万円を超える世帯とみなされますので、

 忘れずに所得の申告をしてください。


※同じ月に同じ世帯で21,000円以上の自己負担を支払った人(70歳未満の場合)が複数

 いる場合は合算して自己負担限度額を超えた分が払い戻されます。


※過去12カ月間に、高額療養費の支給が4回以上あった場合、4回目からは、4回目以降の

 限度額を超えた分が支給されます。


  70歳~74歳の人(前期高齢者)の場合はこちら

お問い合わせ

印南町 住民福祉課

電話: 0738-42-1738

ファックス:
0738-42-8020

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム