ページの先頭です

A.切目崎塚穴(第14号古墳)

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

県指定文化財 A.切目崎塚穴(第14号古墳)

(きりめざきつかあな)

  • 員数 1基
  • 指定年月日 昭和33年4月1日
  • 所在地 印南町島田
写真 切目崎塚穴(第14号古墳)

六世紀後半に築造された円墳で、内部に横穴式石室をもつ。
町内では最も大きく完形を保っているもので、古代の歴史を知る上で貴重な古墳である。
墳丘の規模は、高さ約3メートル、直径約20メートル。
玄室(遺体を収める室)は主軸をほぼ南北方向にとり、奥行2.65m、幅入口部で2.23m、奥壁で2.18m、高さ2.25mであり、羨道部は奥行1.90m、幅入口部1.10m、玄門近くで1.40mある。
副葬品に勾玉、管玉、水晶切子玉、銀の耳環、供物を入れた杯、高杯、堤瓶、その他刀子などが出土している。
なお、この古墳の周辺に十数基の古墳があったが、現在ではこの一基を残すのみである。

お問い合わせ

印南町 教育委員会

電話: 0738-42-1700

ファックス:
0738-42-1577

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム