ページの先頭です

清流小学校

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

清流小学校の紹介

校舎全景の写真

校舎全景

正門の写真

正門

基本情報

  • 住所
     印南町羽六766
  • 電話番号
     0738-45-0001
  • ファックス
     0738-45-0924
  • 通学区域
     古屋・宮ノ前・羽六・古井・美里・樮川・松原・丹生・崎ノ原・小原・皆瀬川・田ノ垣内・西神ノ川・高串・上洞・川又

児童数

清流小学校 児童数
1年2年3年4年5年6年合計
男子6名6名7名4名4名3名30名
女子8名7名5名4名3名5名32名
合計14名13名12名8名7名8名62名

令和元年5月1日現在

沿革

清流小学校(印南町羽六766)

おもな出来事

  • 平成21年(2009)4月
     切目川・真妻・上洞の3小学校が統合し、清流小学校が誕生する。
  • 平成24年(2012)7月
     プールが完成する。
  • 平成24年(2012)11月
     緊急時地震速報端末を設置する。
  • 平成25年(2013)5月
     デマンド監視システムを設置する。

旧切目川小学校(印南町羽六766)

おもな出来事

  • 明治8年(1875)8月
     永福寺内に石川小学校が開校する。
  • 明治11年(1878)5月
     慶雲寺内に慶雲小学校が開校する。
  • 明治16年(1883)8月
     干害のために石川小学校が一時閉校するが、翌年8月、再び開校する。
  • 明治20年(1887)1月
     慶雲小学校が切畑に校舎を新築する。
  • 明治20年(1887)4月
     慶雲小学校が宮ノ前小学校と改称する。
  • 明治33年(1900)8月
     古井小学校が校舎を新築する(この頃、校名を石川から古井に変える)。
  • 明治36年(1903)6月
     宮ノ前小学校が校舎を新築する。
  • 大正5年(1916)12月
     古井小学校と宮ノ前小学校が合同の運動会を開く。
  • 昭和4年(1929)1月
     古井小学校と宮ノ前小学校が統合し、切目川小学校が開校する。
  • 昭和9年(1934)9月
     台風により校舎に被害が出る。
  • 昭和17年(1942)8月
     校舎を増築する。
  • 昭和22年(1947)4月
     新学制が施行される。
  • 昭和23年(1948)4月
     切目川小学校PTAを結成する。
  • 昭和28年(1953)7月
     切目川が氾濫し、運動場の一部、バックネット、鉄棒が流出する。
  • 昭和29年(1954)8月
     講堂が完成する。
  • 昭和35年(1960)10月
     完全給食を開始する。
  • 昭和36年(1961)9月
     第二室戸台風により講堂が倒壊する。
  • 昭和38年(1963)8月
     新講堂が完成する。
  • 昭和63年(1988)5月
     鉄筋二階建(一部三階建)の新校舎が完成する。
  • 平成16年(2004)3月
     新体育館が完成する。
  • 平成18年(2006)4月
     樮川小学校と統合する。
  • 平成21年(2009)4月
     真妻・上洞両小学校と統合し、当地において清流小学校として出発する。
  • 平成24年(2012)7月
     プールが新設される。

旧樮川小学校(印南町樮川690)

おもな出来事

  • 明治9年(1876)3月
     浄土寺を校舎に借用し、樮川小学校が開校する。
  • 明治12年(1879)3月
      藁葺の校舎を新築する。
  • 明治31年(1898)4月
     校舎を新築する。
  • 明治40年(1907)4月
     隣接する田畑を借り、運動場にあてる。
  • 昭和5年(1930)4月
     校舎を新築する。
  • 昭和22年(1947)4月
     新学制が施行される。
  • 昭和23年(1948)7月
     樮川小学校PTAを結成する。
  • 昭和32年(1957)10月
     完全給食を開始する。
  • 昭和32年(1957)12月
     講堂(へき地集会所兼用)を新築する。
  • 昭和38年(1963)8月
     運動場を拡張する。
  • 昭和40年(1965)11月
     校舎を増築する。
  • 昭和48年(1973)7月
     プールが完成する。
  • 平成18年(2006)4月
     切目川小学校と統合する。

旧真妻小学校(印南町皆瀬川227)

おもな出来事

  • 明治11年(1878)11月
     民家を借用し、崎ノ原小学校が開校する。
  • 明治12年(1879)3月
     空き家を借用し、小原小学校が開校する。
  • 明治14年(1881)3月
     崎ノ原小学校が民家の納屋を改修し、移転する。
  • 明治15年(1882)4月
     崎ノ原小学校が丹生大山に移転し、大山小学校と改称する。
  • 明治18年(1885)6月
     小原小学校が酒造を改修し、移転する。
  • 明治19年(1886)1月
     大山小学校が小原小学校を統合する。
  • 明治19年(1886)11月
     皆瀬川の民家を修繕のうえ移転し、皆瀬川尋常小学校と改称する。
  • 明治25年(1892)5月
     皆瀬川に校舎を新築する。
  • 明治35年(1902)1月
     真妻小学校と改称する。
  • 明治35年(1902)9月
     崎ノ原に校舎を新築する。
  • 明治37年(1904)2月
     小原に校舎を開設し、田ノ垣内・高串・小原・西神ノ川の児童を通わせる。
  • 明治42年(1909)5月
     小原の分教場を廃止し、本校に統合する。
  • 大正元年(1912)9月
     皆瀬川に校舎を新築、移転する。
  • 昭和22年(1947)4月
     新学制が施行される。
  • 昭和23年(1948)2月
     真妻小学校PTAが発足する。
  • 昭和24年(1949)1月
     校舎を新築する。
  • 昭和24年(1949)12月
     運動場を拡張する。
  • 昭和29年(1954)1月
     完全給食を開始する。
  • 昭和38年(1963)12月
     鉄筋三階建の新校舎と、木造の講堂(へき地集会所兼用)が完成する。
  • 平成21年(2009)4月
     切目川・上洞両小学校と統合し、清流小学校となる。

旧上洞小学校(印南町上洞807)

おもな出来事

  • 明治12年(1879)1月
     上洞・川又・高串3ヵ村を学区とする上洞村落小学校が開校する。
  • 明治14年(1881)1月
     明進小学校と改称する。
  • 明治15年(1882)4月
     川又村を学区として、親盛小学校が分立する。
  • 明治18年(1885)5月
     親盛小学校を統合し、上洞小学校と改称する。
  • 明治19年(1886)10月
     社会・経済的困難により、村崎訓導ら有志の尽力もかなわず閉校となる。
  • 明治20年(1887)4月
     上洞簡易小学校として再び開校する。また、川又小学校が分立する。
  • 明治25年(1892)
     川又小学校を統合し、上洞尋常小学校となる。
  • 明治34年(1901)4月
     高串を分割し、皆瀬川小学校区に編入する。
  • 明治34年(1901)6月
     校舎を新築する。
  • 明治42年(1909)4月
     高串を統合する。
  • 大正3年(1914)8月
     裁縫室を新築する。
  • 昭和18年(1943)1月
     校舎を新築する。村崎先生彰徳碑を除幕する。
  • 昭和21年(1946)12月
     南海大地震により、校舎西側の壁が落ちる。
  • 昭和22年(1947)4月
     新学制が施行される。
  • 昭和23年(1948)5月
     上洞小学校PTAを結成する。
  • 昭和28年(1953)11月
     完全給食を開始する。
  • 昭和34年(1959)3月
     講堂(へき地集会所兼用)が完成する。
  • 平成21年(2009)4月
     切目川・真妻両小学校と統合し、清流小学校となる。

平成31年度 教育方針

1.教育目標

知・徳・体の調和のとれた人間性豊かな子どもの育成

2.具体目標

  (1)確かな学力を身につけ、進んで学ぶ子どもを育てる。

     ・基礎学力の身についた子  
     ・筋道を立てて考える子                                                                                        ・自分の考えや思いを表現できる子
      
  (2)思いやりのある子どもを育てる。
     ・自分も友だちも大切にできる子
     ・互いに認め合い、励まし合える子
      
  (3)たくましく生きる子どもを育てる。
     ・命や体を大切にする子
     ・進んで運動をする子
     ・食を大切にする子
     ・粘り強く取り組む子

3.研究主題

『書く活動を通して思考力・表現力を育てる』

主題設定の理由

 国際化や情報化の進展に伴い、自分の考えを論理的に、かつ説得力を持った言葉で表現する能力や、自分の考え・主張を的確にまとめて発信する能力を育てることが求められている。

 書くことは考えることにつながる。書く活動を通して考えが整理され、伝えたいことが明確になる中で、考える力が身につく。また、書く活動は、しっかり考え、考えたことを目に見える形で残していく事が出来る。そして、各自が考えたことを確認したり、考えを深めたりすることもできる。言葉を使って考えるところに思考力の育成ができると考える。そのため、子供たちの発達段階に合わせた指導が必要であり、国語「B書くこと」の系統性をふまえつつ、書く機会を多く設け、定着させていくことが大切である。

 また、書くことは表現手段の一つである。表現することは、内在する自己の表出であり、自分自身を深く見つめることにもなる。自分の思いや考えを的確に表現するためには、適切な言葉や豊富な語彙を持っていれば書くことができる。そして、読書活動や意図的な語彙とのふれ合いにより、自己の思いや考えを表現する力を育てる機会を多くもつことが大切である。

 本研究主題を設定して二年目であり、一年目は、全教科において書く時間を必ず入れることで、書くことに慣れさせてきた。今では、自分の思いや考えをまとめながら書くことに慣れ、書くことに対する抵抗感がなくなってきている。また、語彙を増やすために各学年ごとの成長段階に合わせた「使ってみよう、こんな表現」言葉の一覧を作成し、使いたい・表現したいという思いを養ってきた。

 そうした言語活動を続け、本校の児童が苦手とする全国学力・学習状況調査の活用問題において、問題を的確に読み取り、ふさわしい答えが導き出せる思考力・判断力・表現力や応用力を高めることにつなげていきたい。

 また、自分の表現したものをふり返り、他者と交流しながら自他の発想や表現の良さに気づくことで、さらに思考することになり、表現力もより育つと考える。書くことは個々の活動であり、自己の思いを表現することそのものである。さらに、他者との交流を位置づけることで、自他の良さに気づき、表現内容だけでなく、それを伝えるための技術も学び合えると考える。

 自己表現できる力を育てるため、一年目にも行ってきた、「書く時間を確保する」ことを継続しつつ、「考え・まとめ・書く・書いたものを見てさらに考える」といった、考えを深めさせることを定着させていきたい。また、書く視点を明確にして何を書くかを焦点化し、要点をおさえて書く力を高めていきたい。更に字数制限や指定された言葉を使って書くなどの機会ももたせていきたい。

お問い合わせ

印南町 教育委員会

電話: 0738-42-1700

ファックス:
0738-42-1577

電話番号のかけ間違>いにご注意ください!

お問い合わせフォーム