ページの先頭です

印南小学校

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

印南小学校の紹介

校舎全景の写真

校舎全景

正門の写真

正門

基本情報

  • 住所
     印南町印南1915
  • 電話番号
     0738-42-0040
  • ファックス
     0738-42-1074
  • 通学区域
     津井・印南・山口

児童数

印南小学校 児童数
1年2年3年4年5年6年合計
男子12名5名17名15名18名24名91名
女子15名11名14名10名15名17名82名
合計27名16名31名25名33名41名173名

令和元年5月1日現在

沿革

印南小学校(印南町印南1915)

おもな出来事

  • 明治6年(1873)1月
     印定寺内に印南小学校が開校する。
  • 明治18年(1875)5月
     山口小学校を第1分校、楠井小学校を第2分校とする。
  • 明治25年(1892)2月
     要害山に校舎を新築する。
  • 明治28年(1895)2月
     校舎を増築する。
  • 大正9年(1920)
     教室を増築する。
  • 昭和3年(1928)4月
     現在地に校舎を移転、改築する。
  • 昭和13年(1938)3月
     講堂が完成する。
  • 昭和21年(1946)12月
     南海大地震の津波により、児童5名が命を落とす。
  • 昭和22年(1947)4月
     新学制が施行される。
  • 昭和23年(1948)2月
     印南小学校PTAを結成する。
  • 昭和28年(1953)7月
     集中豪雨により、床上浸水する。
  • 昭和36年(1961)6月
     鉄筋三階建の新校舎が完成する。
  • 昭和36年(1961)9月
     第二室戸台風により、講堂が大破する。
  • 昭和37年(1962)7月
     集中豪雨により、床上浸水する。
  • 昭和40年(1965)9月
     完全給食を開始する。
  • 昭和46年(1971)7月
     プールが完成する。
  • 昭和48年(1973)1月
     創立百周年記念式を挙行する。『百年史』を発行する。
  • 昭和54年(1979)3月
     県花壇コンクールで優良賞を受賞する。3年連続の表彰となる。
  • 平成15年(2003)3月
     体育館を新築する。
  • 平成17年(2005)1月
     ランチルーム・給食調理室が完成する。
  • 平成17年(2005)4月
     山口小学校と統合する。
  • 平成18年(2006)4月
     読書活動優秀実践校として文部科学大臣表彰を受ける。
  • 平成18年(2006)9月
     大雨により、床上浸水する。
  • 平成22年(2010)2月
     新設プールが完成する。
  • 平成24年(2012)5月
     デマンド監視システムを設置する。
  • 平成24年(2012)11月
     緊急時地震速報端末を設置する。
  • 平成25年(2013)3月
     特別教室棟を増築する。
  • 平成25年(2013)8月
     校舎を大規模改修する。
  • 平成27年(2015)4月
     職員のパソコンを入れ替える。

旧山口小学校(印南町山口667)

おもな出来事

  • 明治10年(1877)4月
     仙光寺内に山口小学校が開校する。
  • 明治14年(1881)5月
     校舎を新築する。
  • 明治18年(1875)5月
     印南小学校の第1分校となる。
  • 明治25年(1892)11月
     印南小学校より分離し、山口尋常小学校となる。
  • 明治38年(1905)5月
     高等小学校に入学しない者に夜学を実施する。
  • 明治40年(1907)9月
     校舎を新築する。
  • 昭和8年(1933)4月
     校舎を新築する。
  • 昭和22年(1947)4月
     新学制が施行される。
  • 昭和23年(1948)2月
     PTAを結成する。
  • 昭和33年(1958)8月
     学校水道が完成し、給水が始まる。
  • 昭和34年(1959)5月
     運動場を拡張する。
  • 昭和38年(1963)11月
     完全給食を開始する。
  • 昭和50年(1975)7月
     プールが完成する。
  • 平成17年(2005)4月
     印南小学校と統合する。

平成31年度 教育方針

1.教育目標

知・徳・体の調和のとれた豊かな人聞性を養い、たくましく生き抜く力強い児童の育成

2.めざす児童像

  1. 生きる力につながる確かな学力を身につけた児童
  2. 相手の気持ちを思いやり、他人の役に立とうとする児童
  3. 健康な体と最後までやり抜く精神力を持った児童

3.研究主題

『自ら考え、学び合う子供をめざして~全教科・全領域を通して自分の考えを表現できる子供の育成~』

主題設定の理由

 平成25年度から算数科で「自ら考え、学び合う子どもをめざして」を研究主題として取り組んでいる。副題を「算数科を通して自分の考えを表現できる子供の育成」と設定し研究を進めてきた。全職員が研究授業を行い、協議を続けてきたことで、1時間の授業の流れや教師の発問や子供への関わり方、子供の活動の良い点や改善点等について教師間で課題意識を共有できた。また、「印南っ子 学びのワン・ツー・スリー」の縦のつながりを意識しながら指導し、一つ一つ積み上げてきた。このような取組によって、多くの子供は、授業中に自分の考えを言葉や図で表現することに慣れてきている。教師も子供も算数科の1時間の授業の流れについては、ある程度定着しつつある。

 そこで、今年度は、算数科を通じて、今まで積み上げてきたことを大切にし、「印南っ子学びのワン・ツー・スリー」の「準備」、「話す」、「聞く」、「書く」、「学び合い」を算数科以外の教科にも広めていきたい。その中で、子供たち同士の「関わり合い」を中心にした授業を設定していきたい。具体的には友だちの発言につないで自分の考えを発表させたり、ペアで考えて発表させたりする。そのことで、友だちの考えのよさに気づいたり、複数の視点を持ったりすることにつながる。クラスのみんなと「関わり合い」の中から学ぶことで、「あ!なるほどな」「よくわかるな!」という実感につなげていきたい。また、自分の考えをうまくまとめたり、伝えたりすることに課題のある子どもへの対応についても、発問、関わり方、教材の工夫等が必要であると考えている。

 そこで、授業の計画、実践、協議を1年間行っていきたい。このような授業への関わりを続けることで、個々の子どもの様子に合わせた展開の工夫や教材の工夫、個別支援の工夫等が明確になり、本校の研究主題に迫っていけるものと考える。

 さらに、すべての教科の基本となる国語力の育成のために、基礎学タイムで全学年読み取りの問題を系統的に行うようにしていきたい。また、子供たちの語彙を増やすために、読書活動にも取り組んでいきたい。

【研究方法】

  1 単元や1時間の授業のつけたい力と子どもの姿を明確にし、授業実践を行う。

  2 基礎学力の定着に向けた取組を行う。

  3 学級の実態に応じて、グループワークトレーニング等を行う。

  4 校内研究部会を中心に全体会、学年部会を組織し全職員の共通理解と協力の下に研究を

    進める。

  5 校内研究部会は、校長、教頭、教務主任、研究主任、低・高学年部長で組織し、研究計

    画や全体会の持ち方、日程調整、研修がスムーズに進むよう企画推進を行う。

  6 各学年部で授業研究を計画し、研究を進める。

  7 校内授業研究における公開授業については、全職員に参観を呼びかけ、授業後研究協議を

    もつ。

お問い合わせ

印南町 教育委員会

電話: 0738-42-1700

ファックス:
0738-42-1577

電話番号のかけ間違>いにご注意ください!

お問い合わせフォーム