ページの先頭です

切目中学校

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

切目中学校の紹介

校舎全景の写真

校舎全景

正門の写真

正門

基本情報

  • 住所
     印南町西ノ地1352
  • 電話番号
     0738-43-0304
  • ファックス
     0738-43-0563
  • 通学区域
     島田・西ノ地

生徒数

切目中学校 生徒数
1年2年3年合計
男子12名11名7名30名
女子5名6名6名17名
合計17名17名13名47名

令和元年5月1日現在

沿革

切目中学校(印南町西ノ地1352)

おもな出来事

  • 昭和22年(1947)5月
     切目中学校が開校する。
  • 昭和22年(1947)5月
     校章が決定する。
  • 昭和23年(1948)8月
     校舎建築費用募集のため大演芸会を開催する。
  • 昭和23年(1948)11月
     校舎建築促進運動として全校生徒で栗拾いを行う。
  • 昭和25年(1950)3月
     新校舎が完成する。
  • 昭和27年(1952)7月
     大雨による増水のため休校する。
  • 昭和31年(1956)5月
     完全給食を開始する。
  • 昭和33年(1958)4月
     夜間学級を開始する。
  • 昭和40年(1965)6月
     講堂を新築する。
  • 昭和46年(1971)9月
     裏川が氾濫し、床下浸水する。
  • 昭和52年(1977)5月
     新校舎が完成する。
  • 昭和52年(1977)12月
     体育館が完成する。
  • 昭和54年(1979)9月
     自転車置場が完成する。
  • 昭和58年(1983)8月
     柔道の全国大会で個人優勝する。
  • 昭和63年(1988)7月
     ビッグアートの撮影が行われる。
  • 平成5年(1993)7月
     校舎階段を補修塗装する。
  • 平成10年(1998)6月
     コンピューター室にエアコンを設置する。
  • 平成13年(2001)2月
     雪国体験学習を実施する。
  • 平成16年(2004)7月
     校舎の大改修が始まる。
  • 平成19年(2007)1月
     新体育館が完成する。
  • 平成21年(2009)11月
     「市民性を育てる教育」の実践研究発表会が開催される。
  • 平成24年(2012)11月
     緊急時地震速報端末を設置する。
  • 平成25年(2013)5月
     デマンド監視システムを設置する。

平成31年度 教育方針

1.教育目標

『確かな学力と社会性・自主性を持ち、地域社会に貢献できる心豊かな生徒の育成』

めざす生徒像

  1. 「基礎学力を身につけ、主体的に学ぼうとする意欲を持った生徒」
  2. 「思いやりの心を持ち、お互いを認め合える生徒」
  3. 「自らを律するとともに、たくましい気力・体力を持った生徒」
  4. 「礼節を身につけた社会性・市民性のある生徒」
  5. 「ふるさとをこよなく愛し、役立とうとする生徒」

2.めざす生徒像の具現化

  1. 基礎学力の向上、授業改善の取組、積極的な学習態度の育成、読解力の向上、家庭学習の充実、振り返り活動の充実
  2. 道徳教育の充実、生徒会活動の活性化、縦割り班での活動の充実
  3. 部活動における指導の充実、学校行事の精選と充実、健康教育・食育の充実
  4. 道徳教育の充実、生活・学習規律の確立、キャリア教育の充実、校外活動の精選と充実
  5. ふるさと学習(地域学習)の充実、コミュニティスクールの活用

3.研究主題

『主体的・対話的で深い学びの実現と豊かな心の育成』~基礎基本をもとにした学力向上をめざして~

  1. 授業改善の取組

    ①伝え高め合う授業の創造(ペア学習、グループ学習)

    ②効果的なTT指導(教材研究の役割分担、生徒への個別支援)

    ③教育機器の活用(デジタル教科書・実物投影機・電子黒板・パソコン室の利用)

    ④校内授業研究会の充実

  2.生徒の主体的な学習姿勢の確立と深い学びの実現へ

    ①学習規律の確立

    ②「切目中学習サイクル」の履行と見直し

    ③基本的生活習慣の見直しと確立(5Sの指導、挨拶運動等を中心に)

    ④生徒授業振り返り会での振り返りと新しい課題の発見

    ⑤空き教室を利用した学習環境の整備

    ⑥学習強調週間の設定

    ⑦家庭での積極的・自主的な学習の習慣化と充実

    ⑧総合的な学習の時間の計画的な実施

  3.言語活動の充実

    ①各教科における言語活動(書かせる・話し合う等)の充実

    ②新聞コラムを読む活動(内容を理解する・骨子をまとめる・感想を書く等)

    ③生徒授業振り返り会での話し合いや発表、総合的な学習の時間の学習発表会

  4.道徳の指導と評価の研究

    ①『考え、議論する道徳』の実現

    ②授業研究会の実施と道徳科における評価の工夫

お問い合わせ

印南町 教育委員会

電話: 0738-42-1700

ファックス:
0738-42-1577

電話番号のかけ間違>いにご注意ください!

お問い合わせフォーム